2016年05月31日

想像力不足

北海道で男児が両親に山中に置き去りにされて行方不明になっっている。
”しつけ”のために置き去りにしたと言う。
輪をかけるように、ある報道では仲良し家族であったという、事件に付き物の後書きがつく。
この後書きは置いといて、この夫婦には想像力というものがないのだろうか?
一人山中に取り残されたという想像力が働かないのか??
幼い子どもが、山中に一人残される。どういうことか??
しつけは、家でやれ!!
山中で一人置き去りにしてどんな”しつけ”を望んだのか??
7歳の子どもの不安、恐怖を想像できない親とは一体なんなのか?
親自身が自分が山中で生きながらえる自信でもあったとは思えない。
今、どんな思いでその子どもは山中でうずくまっているのか。
助かって欲しい。でも助かってもその子は親をどう思うのか?
切なくなんとも言葉で言いようがない事件だ。悲しい。


posted by Shop_87 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2016年05月30日

LRTの話題

「金沢・LRTと暮らしを考える会」の事務局から、yahooニュースでLRT特集が出ているとの連絡。
題は「「路面電車」が地方を救う? 次世代型で「復権」の成否は」となっている。
富山は一つの成功モデルと言ってよいのではないかと思う。
もともと路面電車路線ががない宇都宮は反対も多いが、成功すればLRT導入を選択肢に掲げる他の都市への大きな方向性を示せるはずだ。
http://news.yahoo.co.jp/feature/194

そしてこちらは、未来型バスの動画。
これは、面白いかもしれないが、一見してカーブでの問題が解消できるのか?と思う。
幅が広いので連結面の隔離も気になるなー。
下を車ですり抜けるときの、スピード錯覚が発生しそうで面白そう。遊園地の楽しみか?!
いやいや、これは車に乗って楽しむものではなかった。
実用的かどうかは別にして、発想が面白い。
https://www.youtube.com/embed/APybYjcm_j4
posted by Shop_87 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2016年05月28日

おつむの中

オバマ広島シアターは滞りなく終了し、今日の朝刊は一面見出しだ。
政治もショー化しているから、この後のことは筋道なし。
オバマの任期残り8ヶ月で核廃絶の仕掛け作りはほとんど期待していない。
それはともかく、安倍晋三のおつむの中はどうなっているのか?
安倍晋三はこれほどまでに自己完結人間でありながら、よくも日本のトップになれたものかが理解できない。
周辺からは、胡散臭い政治屋たちが放言やら悪行のやり放題。
まさに、国民とは筋の違う人たちの政権だ。
さて、リーマンショックの状況に似ていると言い出した。
あれーっ!?国会では、求人倍率は高く推移し、税収は29兆円増加し、企業収益は過去最高、、、とアホノミクスの成果を誇っていた。
中国経済の低迷、原油価格の下落、アメリカの経済指標がどうのこうのと株価が思わしくなければ、外国要因を垂れ流した。
そもそも、アホノミクスで金融政策で株価を吊り上げ、息切れしたら日銀のマイナス金利を導入したが、一度下落した実体のない株価は2万円に戻らない。
なにがリーマンショックの状況だ。
金融資本主義政策の行き詰まりで、見せかけの景気回復を演出していたが、種切れで元の鞘に収まっただけだろう。
自業自得の経済政策を、G7の首脳の前でいきなりリーマンショックの状況に似てるだと。
自国の経済政策の行き詰まりを、世界経済にいきなりすり替えた。
彼のおつむの中には、現実がしっかりと見えていないことの証だ。自分の思いしかない。
その思いを、周りの状況から都合のよいものをとって付けて議論を組み立てようとするから、実体に切り込むことが出来ない。
先の衆議院選挙解散理由は、「2017年まで増税延期、経済条項は付帯せず、必ず増税する」との国民の前で公約。
その後、アホノミクスは成果を出したと言い続けていた。
選挙前になって、実体を見せないように作り話に持っていこうとしている。
こんな政権がまともとは思えない。支持する者は何を見ているのか分からない。
テレビに映りたい、新聞の写真に出たい、ラジオで声を流したい、ということで、どう演技をしなければいけないかしか頭にないのだろう。

posted by Shop_87 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2016年05月25日

何のため?

世の中、何かあるとそのことに対応するためによく”結束”という言葉が飛び交う。
特に、外交においては対テロだとかNATOの対ロシア経済制裁などなど、、、”結束”なる言葉で呼びかける。
ここのところ、どうも結束などの言葉よりも”結託”と言うほうが適切ではないかとも思われることに辟易している。
オバマが広島に来るという。
「ありがたいことだ」などと言う人々もいると聞く。
原爆投下国と被爆国。
被爆国が目標とすることは何か?核武装論か?それとも核廃絶か?
「No more HIROSHIMA」を真に認識するならば、米国大統領が広島に来て被害者を弔うには「核ボタン」を破壊してから来るべきではないかと思う。
例えが適切かどうかは自信がないが、拳銃でもって大量殺戮された場所に、拳銃を撃った連中の親分が来て、拳銃は人殺しの道具で、過去にとんでもない殺戮を繰り返した、拳銃はこの世から無くすべきだ。と懐に拳銃を忍ばせて殺戮された当事者や子孫の前で高らかに宣言する。
誰がまともに聞くものか?こういう者を偽善者という。
その偽善者に、「この拳銃がないと自分達の平和は守れない。」と日頃言っている輩が、親分に続いて「拳銃は要らない。」と殺戮された人々の前で演説する。
その両方ともの演説に、拳銃を持っているギャング団は、当然耳は貸さない。
広島で、被爆者を前にして、結託してまさか日米同盟の強さを主張するなどということはないだろうな?
先ず広島に集まるものは、核を持っていない廃絶を願う国々であり、その中心に日本が存在すべきだろうし、核廃絶が実現したときに、米国大統領が”廃絶を報告”に広島、長崎に来るべきだろう。それこそ謝罪など求める必要もない。
廃絶を実現したという事実が必要なのだ。パフォーマンスなど必要ない。
話は変わるが、「非常に強い憤り」「徹底的な再発防止」「厳正な対応」「さぞかし無念」「綱紀粛正」、、、。
これは、沖縄でアメリカ”軍属”が侵した、強姦殺人死体遺棄事件について安倍晋三が言った言葉。
相変わらず形容詞を撒き散らし、いかにも強く米国に対応を求めたようなことが伝えられている。
何度同じことが繰り返されたのか。
しかし、肝心要の治外法権不平等条約の地位協定についてはなにも言及しない。
自主憲法を言うならば、先ずは独立国としての地に着いた自覚のある言動が求められる。
本質をやり過ごし、言葉で取り繕うパフォーマンス人間には愛想が尽きている。



posted by Shop_87 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2016年05月22日

スプーンレース

今日は、良い天気で町内社会体育大会。
朝の9時前から小学校の運動場に出かけた。
出場予定は、午後の玉入れだけ。
準備運動が終わって、各町内のテントに戻ると、もうビールの時間。
近所の父ちゃん連中と競技はそっちのけで飲み会。
昼は弁当をもらって家で食べて、まだ時間はあるからと思い、ついつい昼寝。
1時過ぎに運動場に戻ると、あれーっ!
もう玉入れの競技が始まろうとしている。僕がいなかったのでメンバーは他の人が出たとのこと。
がっくり。
この玉入れは、各町内会ごとの籠が独立して立っておらず、4個まとめて立っている。
4町内がいっせいに玉を投げるので、他の町内の籠にも入ってしまうが、得点は各町内会の籠に入った数で競う。
だから得点はその町内の実力ではない。他力本願も加わる。
昨年からそんなルールになった。
競技に出なかったので、下のような写真が撮れた。
160522-1().jpg
終了の笛が鳴っても、未練がましく玉が飛び交う。せこい奴らがいるもんだ。
監督から「そんなら、次のスプーンレースに出て。」と言われたので、お玉にゴルフボールを入れて走るスプーンレースに出ることになった。
ピンポン球のように軽くないので、走っても飛ばされることもないし、重いので結構お玉の中で安定している。
もちろん普通に走れば落ちてしまうので、すり足気味に走る。
1チーム5名の最終走者になった。
しかし、第一走者から早くも最下位ちっ(怒った顔)
結局、完全に一人分の差がついて終始最下位でゲームセット。
最後の種目、町内対抗リレーを見て閉会式には出ずに家に帰って草むしりをした。
ところで、バレー最終予選。いやー大接戦の末、オランダに勝った。手に汗握る熱戦だった。
特に第4セットは、32対30までもつれ込んだ。
果たして本番ではどんな試合を見せてくれるか?
身長のある海外チーム相手に、どれだけ左右に振ってブロックをかわして得点できるかがカギと考えているのだが。


posted by Shop_87 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2016年05月21日

PEMPキハ17を作る−20

雨樋を付けます。
連結面は妻板側にあらかじめ曲げてあるので横方向の位置合わせは、これをひっかければ楽です。
11-20-1().jpg

側面の雨樋の高さを図面から拾ってノギスでケガキます。、
11-20-2().jpg

ケガキ線に合わせて、適当な木の角材のガイドをセロテープで固定しました。
11-20-3().jpg

雨樋の何か所かを、半田ちょぼ付けしました。
11-20-4().jpg

フラックスをたっぷりと雨樋に沿って塗り、はんだを付けた半田こてを素早くなぞりました。
ところが、角材の固定が甘かったせいで、うかつにも知らず知らずのうちに運転席側にかけて、若干下方にずれてしまいました。
仕方がないので、一旦付けた半田をはがし、付け直しました。
こういう線材は、一発で仕上げないと苦労します。
11-20-5().jpg

余分なはんだをキサゲで取り除きました。
11-20-6().jpg
posted by Shop_87 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型工作

2016年05月20日

興ざめ

五輪最終予選女子バレーボールの試合で、初めて「レッドカード」なるものの存在を知った。
最終セットでタイ6点のリード。このままの流れではマッチポイントまであと3点のタイの勝利濃厚で、もう敗戦かとあきらめていたので、画面から目をそらしていたときだ。。
ん?テレビから「レッドカード」との音声が聞こえた。
試合が中断されている。何があったん?
タイにレッドカード?バレーボールの試合で「レッドカード」なんかあるん?どういうこと?正直分からなかった。
ほんで日本にポイント1点がはいる。
監督へのレッドカードで、いきなり相手チームに得点が与えられるとは!!
普通なら、退場とか何らかのペナルティが課せられるというのが、大方のスポーツのルールだろう。
平等な立場に立てば、こんな形で得点がはいるのは、コート内の選手にとってはとても残酷な話だ。
試合を戦っている選手のミスでも、危険行為でもなんでもない。
まーったく選手と関係のない行為で、得点、言い換えれば選手への負担を課せられる。こんなルールには納得いかない。
さらに、もう一回「レッドカード」
ルールだと言われればそれまでだが、試合を決めた迫田のスパイクにも嬉しさも半減してしまった。
今から続く試合にレッドカードでの興ざめ得点なんか見たくない。




posted by Shop_87 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2016年05月19日

手招き

昨日、知人との話の中で、金沢駅で海外からの夫婦に「どのバスに乗ればよいのか」と尋ねられたとき、「こっちに来てください。」という意味で、手招きした。
ところが、相手の夫は立ち止まってしまい、嫌な顔をした。
そして、ハタと気付いた。
日本では、「こっちに来て」と手招きするときには、手のひらを下にして手首を振る。
ところが、海外の国では(全てのよその国かどうか知らないが)、そのしぐさを「お前は、あっちに行っていまえ!」との軽蔑の意味になるということだ。
以前、ロシアからの国際交流員に、僕も「こっちに来て」の意味で、手のひらを下にして手を振ったら「それは使わないで!日本だから意味は分かるんですが、やっぱり嫌だ。」と言われたことがある。
さて、ここは日本、どうしても手招きするときは、手のひらを下に振るのが常識だ。
手のひらを上にして振るのは、”キザな奴””外国かぶれ”と思われる。
では、海外の人には、手のひらを上にして振る機転を利かすか?といっても日頃しないことをとっさに思いつくかどうか分からない。
考えた。結局、よい方法は指差しする方法が一番良さそうだ。
「あっち」なら、通常使うように、腕を伸ばしてその方向に指を指せば良いし、「こっち」なら、腕を内側に曲げて指をこちら側に指せばよいのかな。指差す方向と反対の方向を意味する国は無いだろう。
ところで、いろいろ考えてみると、車の後進を案内するときは、手のひらを上にして振るのが普通だ。「オーライ、オーライ、ストーップ。」このとき、手のひらを下にして振る人はほとんどいないのではないか。
そして、日本では、「あっち行け!」「こっち来て!」の両方とも手のひらを下に振ることに気付いた。
手のひらが上か下ではなく、強く振る方向で「あっち行け」、「こっちおいで」を区別している。微妙な手の振りニュアンスがあるのだ。もちろん表情にも違いは出る。
もし、この強弱がなくおまけに笑顔でもって手を振れば、何も意味せず、単なる気持ち悪い人に見られてしまうだろう。





posted by Shop_87 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2016年05月17日

中部地区路面電車サミット −福井−

女子バレーのこと。
やはり、実力伯仲するチームと対戦するとミスが目立った。前半は身長192cmのキム・ヨンギョンをうまく押さえたが、結果的にはキム選手は得点を重ね、25得点。
最終セットに迫田が出てきても流れは変えることはできなかった。
木村が小指負傷。明日から欠場することはないと思いたいけど。
これからは、先の2勝した格下の相手のようにはいかん。

「金沢LRTと暮らしを考える会」から、「中部地区路面電車サミット」の案内が届いている。
行ってみたいところだが、最近、土日は何だかんだと用事が重なっている。
FUKURAMにも乗ったが、まだ、えちぜん鉄道と福井鉄道の相互乗り入れの電車には乗ってないからこの機会に乗って、コンサートや講演会なども聞きたいのだが、22日は町内の社会体育大会と重なる。
出来るだけ町内行事には参加することにしているので、今回もそれを優先。
盆と正月以外に昼間からビールが飲めるというのが、誘い水(酒)で、この誘惑には弱い。
幸い、どちらに参加しようが、今のところ天気もよさそう。
鉄路の街づくりに興味のある方は、是非とも今度の休みに福井に足を伸ばしてみてください。

中部地区路面電車サミットのご案内.pdf

中部地区サミット宇都宮浄人先生講演会チラシs(市民用0427).pdf
posted by Shop_87 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2016年05月15日

テレビ観戦

休眠状態でカビが生えそうなテレビを昨夜から見ている。
マラソンシーズンも終わり、今度は女子バレーボールだ。
今年のオリンピック出場を決める最終予選が始まった。
昨日は、ペルーが相手で、出だしはちょっと危うかったが、今日のカザフスタンも完勝で2連勝だ。
晩酌もいつもより多くなってしまう。
セッターの宮下やリベロの佐藤など、竹下や佐野の引退した後も既に役目が地に着いてきた。
島村、石井や古賀の若手スパイカーも活躍。昨日は長岡が大活躍だ。
今日は、木村をベンチに下げる余裕。
出番の少ない迫田のバックアタックも、17日の韓国戦から炸裂するか。
あの江畑が控えだから、このチームは強いぞ!
28日からは男子が始まる。しばらくは、テレビ観戦が続く。
posted by Shop_87 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2016年05月14日

小者をたたく

パナマ文書にオバマ広島訪問、北朝鮮労働党大会ここに来て舛添知事の収支報告書問題が降ってわいてきた。
舛添要一を擁護するつもりは全くないが、マスコミを総動員した官邸パフォーマンスであることは間違いない。
G7サミット、オバマ広島訪問のニュースが急激に消えた。
サミット、オバマ広島訪問までは、徹底的にスキャンダルを報道し、サミット、オバマ広島訪問が終了すれば一面のニュースで安倍晋三が躍り出てくるだろう。
サミットでは大した政策も決定できなくとも形容詞句を並べ立て、嘘八百を並べてでも”大成功”を演出するのだろう。
そして、選挙に突入する。
拍手喝采の日本国民はマスコミの報道をそのまま安倍晋三政権の成功と感じるだろうという、国民心理操作を行う政権の読みだ。
消費税問題を含むアホノミクス、何の成果もない地球俯瞰外交、沖縄外国軍隊駐留、原発再稼動(しなくても電力は十分ある)TPP、年金・福祉財源、若い人達の将来財源など、本当に将来を左右する政策を議論しない。議論する材料さえ提供しない。
ジャーナリズム欠落翼賛マスコミが、日本の将来を危うくしているのは間違いない。
マスコミの罪は誰が裁くのか??パフォーマンス政権の裏で中央集権に巣食う官僚機構の腐敗は誰が裁くのか??
北朝鮮や中国などはもともと一党独裁なので、報道はそのまま政権放送であると誰でも考える。
ところが、厄介なことに”自由””民主主義”を標榜し自認する多くの日本国民は、政権どっぷりのマスコミを鵜呑みにする。
考えてみれば、東アジアというかこの地域に住む民族の共通点は、政治的に個人主義よりも集団的国家主義を優先させる。
日本は輸入物”自由””民主主義”だから本質的には何も変わっていない。
いくら金正恩、習近平体制を批判しようが、結局は同じ穴の狢。
話を戻して舛添などよりも、放言、虚言、恫喝の反知性政治屋、「睡眠障害」の御仁や、下村某をはじめとした政権腐敗はどう国民が意識しているのか。
政権与党に甘甘。巨悪はやり放題で野放し。国家予算をもてあそぶ官僚機構は焼け太り。
どれだけ税金をとっても限度を知らない。舛添のたかが数十万円で騒ぎすぎ。
騒ぐ対象が間違っている。
小者をたたいて喜び、巨悪をのさばらす人々に付ける薬、飲ます薬はないのか。
posted by Shop_87 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2016年05月13日

自家用機関車-裏話

昨日のブログで、空想自家用機関車で旅に出ることを書いた。
広島工場さんからコメントをもらいました。
見解は、コメントで対応させていただきました。
そもそも、この話の発想の出所は。
このブログでも何度か書いたことだが、毎年気の合う仲間が集まっていくつかの吞み会がある。
その一つに、学生時代から続く呑み会。
幹事は持ち回り。
先月、今年の幹事から一報が入った。今年は東北盛岡集合で開催しますと。
問題は、どんな経路で行くかだ。
先ず、船はありえないから、鉄道、車、バス、航空機。バスも対象から抜く。
日本海縦貫寝台列車が走っているならば、話は簡単だ。
前日夜に金沢を出て、当日早朝に秋田に到着。
秋田でぶらぶらして、田沢湖線の鈍行を乗り継いでも、集合時刻の17時には楽勝で着ことができる。
現在は、日本海縦貫寝台列車が北陸新幹線金沢開通で廃止されたから、日本海側を北上するには、朝5:40に松任を出発、金沢で新幹線、上越妙高で乗り換え、新潟まで出て、「いなほ」で16:04秋田着。これから秋田新幹線で盛岡に行っても集合時間の17時には全然間に合わない。
青春18切符鈍行乗継だと、前日に東海道線経由で東京で一泊しないといけない。
北陸新幹線と東北新幹線を利用すれば、その日に出て十分に集合時間に間に合う。が、なんと往復で5万ちかくかかる。小松空港から台湾や中国に行くのと変わらない!!損した気分。
車も高速を使えば行けないこともないが、ガソリン代もいれれば意外と高い。それよりも下手すると帰りは二日酔いの危険性が高い。
航空便を覗いてみると、小松-仙台往復早割りなら3万円程度。
でも、10月はいろいろ他の未定の行事も控えていて、今の時点で早割りをとってもキャンセルの憂き目にあうかもしれない。困ったなーッ!!と。
新幹線開通に伴い、地方都市から地方都市への鉄道移動が不便になってきていることを改めて認識したときに、鉄路自由化有効利用で自家用機関車がふと頭に浮かんだという次第。




posted by Shop_87 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道旅行

2016年05月12日

自家用機関車

鉄道好き道楽者の空想旅行。
松任駅ヤードに、B型ディーゼル機関車1台とベッド、シャワー室、トイレ、簡易テーブル程度を備えた車掌車改造の2軸客車。
ちょっと旅に出たくなったら運転手を誘ってその編成で最寄の鉄道駅まで自家用列車で出かける。
停車場は、ほとんど錆びたレールの引込み線のある駅。
旅は、せいぜい時速60kmぐらいで急がず走る。
天気の良い日は、デッキに椅子を持ち出して、通り過ぎるレールを見ながらボーっとしたり、うたた寝をしたり。
嵐の日には、引込み線で滞留して通り過ぎるのを待つ。
停車駅では、買出しに出てたっぷりと酒と食糧を買い込んで車内で誰にも邪魔されずに食事。
ちょっと寂しくなったら街に出て地産地消の店で一杯引っ掛けて、車内で宿泊。
こんな”豪華自家用列車”で旅してみたいなぁ。

posted by Shop_87 at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道旅行

2016年05月11日

つじつま合わせ

昨日の夜のNHKラジオニュース、バラク・オバマが広島を訪問すると言う。
なんでも安倍晋三が同行するらしい。
ニュースは、まるで臨時ニュースのように2度繰り返した。
「Change!!]の連呼で2009年にアメリカの大統領になったバラク・オバマは、同年の4月にプラハで行なった「核なき世界」の演説で華々しく世界にアピールし、演説だけで実績がなーんにも無いのにその年のノーベル平和賞を受賞した。
しかしながら、その後にも核廃絶への積極的な行動は何もなかった。
一時の熱狂でもあった。
それから7年、もうアメリカの次の大統領が誰になるかに注目が集まっている中での広島訪問。お祭り騒ぎのようなニュースを流している。
核廃絶で華々しくスタートした故に、成果のないまま退任するわけにもいかなかったのだろう。今頃になって世界最初の原爆被爆地訪問だ。「核なき世界」への道筋など何もない。
こういうのをつじつま合わせというのだろう。
巷では、謝罪がどうのこうの言われているが、戦争を行なって戦勝国が謝罪などするわけもない。
安倍晋三は何故同行するのか?
それは、安倍政権になって打った政策に何の成果も出ていないから、ここでもアメリカ大統領を利用して得意のパフォーマンスを演じるしかないのだ。国営放送、官邸どっぷりのマスメディアを総動員してテレビ、新聞の紙面を飾り、政権延命のため、選挙に勝つための口先だけのパフォーマンスに過ぎない。
こういったパフォーマンスで日本国民は全てを忘れ去る(洗脳される)性質があることを十分に計算してのことだ。
被爆地に核廃絶国際機関設立の起工式にでも呼ばれたなら話は別だが。
パフォーマンスだから、結果はニュースになるだけで、「核なき世界」への道筋をつけるべく具現性はなにもない。
早い話が、バラク・オバマが金沢を訪問するのと本質的に何も変わらないということだ。
「HIROSHIMA」だけが鐘のように鳴り響くだけなのだ。


posted by Shop_87 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2016年05月09日

ちょっとしたこと

買い物に行くと、商品を袋に入れてくれる。
本を買ったときは「袋は要らない。」と言うし、近くのスーパーならば袋持参するが、服などを買ったら紙バックであれポリエチレン製の袋であれ、必ず袋の口をセロハンテープで綴じて渡してくれる。
このセロハンテープが曲者で、ぴったりくっついていて、剥がそうとしてもすんなりと剥がれなくて、袋を破るか、セロハンテープを剥がすために爪を立てて擦ったりすると袋が破れたり、伸びきったりして、ちょっとしたものを持ち歩くときに使おうとしてもみっともない。
すんなりとセロハンテープが剥がれて、袋も元の原型を留めているときは、貧乏性のせいか、ちょっと気分的に気持ちがよい。例えその袋を再び使おうが使わまいが。
先日、久しぶりというか、3,4年前に買って以来、CDを買い袋に入れてもらい家に帰った。
袋を開けようとして、セロハンテープを剥がそうとしたら「ん!」
下の写真のように、セロハンテープの一端が折り曲げられていてそこをつまめば、労せずに剥がすことができるようになっている!!
店員のというより、その店のやり方なのかもしれない。ちょっとした心遣いを感じて、感心した。
ぴったり張られたセロハンテープを剥がすわずらわしさに??を感じて、考えたのだろうな。
CDを入れる小さな袋なので、もう使うこともないだろうが、捨て切れなかったーっ!
160509-1().jpg
posted by Shop_87 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2016年05月08日

温暖化?

今日のラジオのローカルニュースで、確か石川県のこの100年間の気温は1.6℃上昇したと言っていた。
このままでは、何年後かには何度上昇することになると言っていたと思うが、メモしなかったので覚えていない。
馬鹿の一つ覚えのように地球温暖化と言うけれど、過去のデータを積み上げて将来を予測することは不可能だ。
例えば、1年365日のうちの3日間の気温の変化を測定して、一年後はこれくらい上昇するだろう程度の予測を信じる人はいない。何故か?それは経験則があるからだ。
夏に向かう3日間だったら一年後はひょっとすると20℃とか30℃上昇することになるかもしれないし、冬に向かう3日間だったら逆にマイナス何十度となっているかもしれない。
だけども、1年の短い輪廻では経験則があるから誰もそんな予測など信用しない。
先の話に戻すが、それでは200年前、1000年前、いや5000年前からはどうなのか?
ひょっと考えてみると、縄文人は、どんな服を着ていたのか?繊維を編む技術はなかったから、果たして老若男女が毛皮だけで冬の寒さをしのげたのか?
いろいろな発掘から、今の陸地でも昔は海になっていたというのがよくある。まあ、逆に現在海の中にあるところから縄文遺跡が発掘されることは技術的にほぼ不可能だから分からないが。
例えば、能登にあるイルカの骨が見つかったということで有名な真脇遺跡は、約6000年〜2300年前の縄文時代の遺跡だ。標高4〜12メートルにあるというが、現地に行けば海沿いの町に比べれば高いところにある。
この例だけで推定するのは乱暴だが、他の縄文遺跡も現在の海岸線から内陸に入ったものが多いと思う。
その頃は、海岸線はもっと内陸にあったとすれば、一つには海面が今よりも上昇しており、気温も冬でも5℃とか10℃ぐらいだったと考えることは出来ないのだろうか?
逆に、縄文時代は海面は現在と同じだったと言う根拠はあるのだろうか?
さらに、氷河期末期に例えば100年間気温を測り、現在を予測すれば下手すると100℃以上になっているかもしれない。
早い話言いたいことは、たかが100年を測り地球の将来を推測することは不可能と言うことだ。だから、これだけのことで地球温暖化を認識するのは、あくまでもこの範囲の中での話であるということを押さえておかなければいけないと思う。


posted by Shop_87 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2016年05月07日

よけいなこと

安倍晋三が英国での共同記者会見で「英国のEU残留を望む。」と述べたそうだ。
英国がEU残留するか離脱するかは英国の国民投票に委ねられる問題だ。
東洋の一国がとやかく言うことではないと思う。
「日本は、英国がEU加盟でこうむった損害を補償するつもりはあるのか。」との反論が英国内から出たのは当然だろう。よけいなことなのだ。
同時期に日中友好議員連盟が日中友好改善のために北京に訪問した。
ところが、一方では岸田外務大臣が東南アジア諸国を訪問して、サミットの拡大会合に参加する国々で南シナ海問題を議題に反映させると言っている。
領土問題は当事国間で解決するのが基本だろうが、日中関係改善と言いながら、周りで吠え立てている。
中国にすれば、硬直化するのは当然だろう。
尖閣はアメリカも守ってくれるという自国の問題を他国に依存する体質がそのまま外交にも影響を与えている。似非アメリカを気取っているのだろう。
安倍晋三といい、そのお友だち外相といい、何を求めているのか?相手国としたら理解できないと言うことだろう。口出し外交。
プーチンはどうか?
貧弱ロシア語理解度でロシアのニュースを覗いてみたが、昨日はロシアでもNHKのニュースを伝えていただけで、ロシアとしてのニュースはなかったと思う。
今日は、8点の経済政策を提案したこと、領土問題の新しいアプローチを提案したことをを簡単に伝えているようだ。具体的な内容は書いてないので不明。
どんなアプローチを提案したのか分からないが、最近の北方四島のロシアの実効支配が進む中で、依然だらだらと事務協議が続くのだろうか?
何れにせよ、アメリカが現在一番敵視している国がプーチンのロシア。自国憲法をも無視してそのアメリカの手下となって動き回っているのが現在の日本。ロシアがどこを睨んでいるかは自ずと明らかだ。
それは、中国にも言えることだろう。
張子の虎を演じるのは、エエ加減にして欲しい。

posted by Shop_87 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2016年05月05日

バージョンアップ

茶の間で使っているロートルパソコン。
ハードはそのままで、OSをVistaからWindows7に換えて、昨年はメモリを増設して問題なく動いている。
昨日、パソコンを立ち上げたらWindows10へのバージョンアップを促す画面が出てきた。
今までも何度も出てきたが、使っているアプリケーションへの影響や、そもそも使い方も代わってくるだろうから敢えて無視していた。
使い方が代わることで、余計な時間をかけたくないという思いもあった。
しかし、「このPCはバージョンアップ可能」とか「アプリケーションも対応」などの表示を見たり、知り合いが、Windows10のパソコンを購入したので、少し使わせてもらったりしていたので、ちょっとやってみるかという気になった。
順調にダウンロードし、インストールまで難なく進んだが、インストールが何時間たっても終わらない。
午前11時ごろに開始したが、インストールになったまま”田”の表示とその下にグルグル回る表示が出たまま。ハードディスクのアクセスLEDも付きっぱなし。
何となく、無限ループに陥っているような症状。いやな感じ。
それでも、古いパソコンでCPUも処理能力も遅いかもしれないとそのままにしておいたが、17時ごろになっても何の変化もない。
こりゃアカンワ。ということで強制リセットした。
さて、Windows7を再インストールしないといけないのかな?どんな風に立ち上がるのかと不安のまま立ち上げた。
何のことはない、Windows7のままでなんの問題もなく立ち上がった。
「インストールできませんでした」の表示。履歴を見ると、”原因不明の何とか(ちょっと忘れました。)”の表示が何個も出ていた。
再度、インストールをしたが、今度は画面さえも真っ黒なまま。
また強制リセット。
結局、原因不明なままインストールはあきらめた。
以前、ハードディスクの障害で立ち上がらなくなったときがあったが、それが遠因なのかもしれない。
現在、Windows7を再インストールすることもなく、そのままで問題なく動いている。
このパソコンでは、もうWindows10への移行はしないことにする。


posted by Shop_87 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2016年05月04日

台風”並み”

昨日の夕方4時ごろ、家を出て車で実家に帰った。
そのときには、前線の通過でかなり風も強くなっていた。
能美市から小松市にかけては、海岸沿いの道は砂地である。
強風で砂が風に飛ばされて、まるで砂嵐のような状況になった。
写真は、携帯のカメラで撮ったもので、小松市の日末町辺りの畑作地帯の道。
飛び砂の塊の中に入ると、ぴちぴちと車体やガラスに当たる音がする。
視界も極端に悪くなる。
160503-1().jpg

先月の17日にも、同じような強風に見舞われ、北陸線の列車が運休した。
昨日も同様で、北陸新幹線は運転していたそうだが、関西、中京方面の特急列車が軒並み運休。
連休でにぎわう金沢では、帰れなくなった観光客がホテルも満室状態で泊まることが出来ず、金沢駅に用意された”列車ホテル”で夜を明かしたという。
夜は、ますます風が激しく家を揺さぶるように吹き荒れ、しばらく眠れなかった。
しかし、朝目が覚めたときには、一時の凪状態でウソのように静かだった。
7時ごろにはまた風が出てきたが、昨日のようなことはなかった。
「台風並みの低気圧」と最近良く耳にする。でも風速20メートルとか30メートル近くになり、影響範囲の広さから言って、少なくともこの地方では”台風並み”と言う言葉は適切ではないように思う。
”並”と言うより、この地方では同等かそれ以上だろう。


posted by Shop_87 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2016年05月03日

争点は

憲法記念日。
安倍晋三は憲法改正を今度の参議院選挙の争点にしようとしているが、政権内にも慎重意見もある。
しかし、それを争点にするしかない状況でもある。
考えてみれば安倍政権の成果を誇らしげに争点にして圧勝する材料がない。
G7サミットが今月に開幕するのに、あわてて参加国を訪問するのも材料探しだろう。
議長国と言うものの、海外でははじめから決められた筋書きの質問しか受け付けない、アホな総理大臣だ。
議論の上での議長なんか出来るわけがない。筋書きを作らないとこりゃまずい。国会のような同じ言葉を繰り返すこともできない。各国首脳の真ん中で写真に写る姿を国民に見せれば点数は稼げるということだろう。
今まで何ヵ国もの首脳と会談したそうだが、出てくる報道では「・・・の認識を確認した。」とか、「・・・での意見で一致した。」程度のことばかりで「新規な一歩」など何もない。
インドネシアの新幹線は失注、武器輸出の突破口となっただろう受注しなくてホッとしたオーストラリアの潜水艦も失注。
ロンドン地下鉄の車両があったかと思ったが、受注したのは2012年というから、その年の12月からの安倍晋三政権となる前の話だ。
アホノミクスは、誰も口にすることもない。野党は「失敗を認めよ。」などと野暮な質問をする必要は全くない。データを示せばよいだけだ。
TPPも開けてみればとんでもないことになってくるだろう。
アメリカのレポートどおりに憲法をも無視した海外派兵法案の強行採決があったが、説明などないままごり押し対応するつもりだろう。
「保育園がたりない」とのツイッターで大慌てしているざまだ。
国民生活の実体と遊離している政権は、正に”演じる”ことが使命でしかない。
そういえば、NHKのラジオでも、最近やけに安倍晋三の声を流しているのが耳につく。少なくとも僕はそんなだましには乗らない。
日銀とマスコミを利用して株価操作、為替操作などのパフォーマンスしか出来ない張子の虎のような政権ながら未だ支持率50%弱というから、政権ごますりマスコミの報道も信用ならぬ。
北朝鮮や中国の報道規制に「けしからん」という国民は、安倍政権の危うさには全く無頓着だ。
西側首脳と会い、その足でプーチンと会うという。西側ではウクライナを巡りロシア制裁継続中。
その足でプーチンか?北方領土や日ロ平和条約締結を本気で解決したいのなら順番が逆ではないの?
話がそれてしまったが、早い話が選挙の争点が設定できていない。
だから中国や北朝鮮の脅威を煽り憲法改正を無理やり争点にするしかないだろうと思う。あわててお得意の外遊に出かけてネタ探し。あとは消費税を再度伸ばすことを国民に問いかける?二匹目のどじょうで勝負か。
こまった政権だ。
野党はどんな争点を作り出すのか?ここが一番肝心だ。低次元な争点、非難・スキャンダル合戦だけは辞めてほしい。
ほくそえむ官僚組織が肥大化するだけだ。


posted by Shop_87 at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと