2017年05月21日

カタカナ語

日頃から感じていたことがあって、ブログに書こう書こうと思いながらそのままになっていたことがある。
それは、最近なにかとカタカナ語を使う表現が多すぎやしないかと言うこと。
昔の外来語ならまだ許せるが、最近はやたらと英語を使いたがる。第一をファースト、戦略をストラトジー、経済をエコノミー、商品や品物をグッズ、医療機関というか診療所をクリニック、顔立ちをマスク、見た目をルックス、、、、、きりがない。
そう思っていたら、今日の新聞のコラムに
、、、「都民ファースト」は「都民第一」でいいではないか、、、英語や外来語を使いたがる人は、自らの国際性と視野の広さを誇っているのだろう。つまり自慢だ。そしてカタカナ語を使うことで本質をあいまいにしてぼかす。政治家こそ世界標準ではなく日本標準を学ぶ必要がある。、、、
と書いてある。
安部晋三は、自分で勝手に日本語の意味を作って平然としている。「そもそも」を「基本的に」という意味で使う。彼の日本語はもう口から出任せ、立法府と行政府、公人と私人、都合のよい修正解釈で組み立てられている。だから国会答弁では意味不明な答弁やら他党批判やらただ長々と本質をはぐらかすことばかりで、理路整然とわかりやすく説明できない。
こんな人物が法律どころか、憲法を「云々」する資格があるのかよく考える必要がある。
さっきのコラムでは、最後に
、、、少なくとも「云々」を「でんでん」と読んでしまわぬように。で締めくくっていた。
話を戻して、まるでカタカナ語が当たり前のように横行している、中には日本語に直すと意味や本質が伝わらないからと、英語を使いたがる馬鹿な学者が言ったのを聞いたことがある。
要は、単なるアメリカの知識を横流しして「俺は偉いだろう」と錯覚している。
昔の洞察力鋭い外国語の日本語化する知識、知恵、技術を現代人は忘れてしまったようだ。
そのうち、馬鹿な知識人やらメディアが疑問もなく横流し続ければ、てにをはだけが日本語であとはすべてカタカナ外来語になってしまいそうだ。
posted by Shop_87 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2017年05月11日

人の呼び方

ロシアの人の名前は、3っの要素からなっている。
名(ファーストネーム)・父称・姓である。父称とは「・・・の息子」とか「・・・の娘」を意味する。
欧米でも3っつの要素からなっているが、ファーストネーム・ミドルネーム・ラストネームといわれるものである。普通の仲であればファーストネームで呼ぶのが普通だが、初対面や親しくないときなどはラストネームにミスターやミズをつけて呼ぶ場合もある。
一方、日本では姓・名と2つの要素からなっていて、普通は姓にさんなどをつけて呼ぶのが普通だ。名前で呼ぶのはよほど親しい友達同士だろうが、それも若い人が使う場合が多いだろう。
中国、台湾では男なら先生をつける。
また、日本では役職で呼ぶことがある。たとえば部長、課長とか先生とか。
人を呼ぶ場合には国によって違いがある。
ロシアの話に戻して。
プーチンは、ウラジーミル・ウラジーミロビッチ・プーチンが正式な名前だ。
ロシアの人は、新聞などはプーチンとか大統領プーチンなどと書くが、話すときはプーチンとは呼ばない。姓で呼ぶのは失礼な呼び方。大統領閣下とかウラジーミル・ウラジーミロビッチで呼ぶ。でもウラジーミルと呼んでもよいし、親しい間柄では愛称で呼ぶ。ちなみにウラジーミルの愛称はヴォーヴァとかヴォロージャとかいう。
安部晋三がプーチンと会談するたびに日本の報道は、”ファーストネームで呼び合う親しい仲”というが、これはロシアでは当たり前のこと。もし僕の前にプーチンが現れたら、ウラジーミル・ウラジーミロビッチと呼んでも決して失礼ではない。
報道の言う(官邸の言う)「親しい間柄」ならヴォーヴァとかヴォロージャと愛称で呼ぶはずだが、安部晋三はそう呼んではいない。
だから、ファーストネームで呼ぶからと言って、単に日本での習慣がないだけで、決して親しい間柄とまではいえないのだ。
国民は知らないと思って、官邸はボロが出るメッキの話を作る。政権飼い犬メディアはそのまま伝える。
安部晋三政権の手法にはだまされない。
「しんちゃん」、「ヴォーヴァ」と音声ニュースで流れたら”親しい間柄”と認めましょう。

posted by Shop_87 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2017年05月07日

雑草でも

連休中は、庭の草むしりもサボっていたが、残した名前の知らない地を這うような雑草がみるみる勢力を拡大してきた。
この雑草は、ずーっと前から庭の一部に生えていたものだが、背も低くそのままにしておけば庭の緑が保てると思い、むしらずにそのまま残しておいた。
想像したとおり、ようやく思うような感じに広がってきた。
芝生は手入れしなければいけないが、この雑草はなんとなくそのままにしておいても、おとなしそうな気がする。
170507-1().jpg

おまけに、黄色い花もつけた。
雑草もただ伸びてお化けのようなものは困るが、気に入ったものを残せば、ものは使い用だ。
170507-2().jpg

別のところにカタバミも少し生えていて黄色い花をつけている。これもむしらずにそのままにしておこうかな。
posted by Shop_87 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2017年05月05日

ミカンの蕾

連休で娘が孫も連れてきたので、あっち行ったりこっち行ったり。
生まれて8ヶ月ほど経つと這いずったりして周りにあるものに興味を示すようになる。
本箱から本を取り出して舐めたり、スリッパを舐めたり、そのたびに興味をそらしたり、違うものを与えたり。空箱がよいおもちゃになった。
初めてテーブルでつかまり立ちしたーっ!と大騒ぎになる。
そんな孫相手の連休も、混雑を避けて娘も早めに帰ったので、家も静かになった。
ふと、庭のミカンの木を見たら、いつの間にか葉っぱの間から白いミカンのつぼみがたくさんついているのに気づいた。
170505-1().jpg
つぼみのつき具合から、今年はミカンの豊作になりそうだ。
花が開花したら、おいしいミカンを期待して間引きしなくては。
posted by Shop_87 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2017年05月04日

忍び寄るもの

今日の日刊スポーツコラム「政界地獄耳」から抜粋した部分。
---------------------------------------------------------
、、、、、問題は決められたことを守ろうとするあまりに、本質を見誤ることだ。
 ★ナチス高官・アイヒマンは61年に裁判を受けるが、「ただ命令に従っただけ」とした。哲学者ハンナ・アーレントの言葉が、私の頭をよぎった。「考えることをせず、ただ忠実に命令を実行した。そこには動機も善悪もない。思考をやめたとき、人間はいとも簡単に残虐な行為を行う。私が望むのは、考えることで人間が強くなることだ。悪は悪人が作り出すのではなく、思考停止の凡人が作る」。
----------------------------------------------------------
安倍晋三政権は、正に思考停止状況を利用して権力維持になりふり構わない政権運営をしている。よほど国民に対して自信がないのだろう。国会軽視、議論はぐらかし、ウソ、裏づけのない強弁、次から次えと政策の看板を書き換えて目をそらす、情報隠蔽、、、、。
丁寧に説明と言いながら丁寧な説明を聞いたことがない。国会で説明しなくてどこで説明するのか?
政権延命のための法律作りにいそしむ安倍晋三政権。政権延命のためにアメリカ盲従。
思考停止に忍び寄る政権のための政治。
最悪の政権だ。
posted by Shop_87 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2017年05月01日

草の根

さくらの季節が過ぎると新緑の季節だが、庭の雑草も賑わうようになってくる。
最近、早朝に少しずつ庭の草むしりをするようになった。
うちの庭の雑草は、何故か毎年新種の草が生えてくる。
3,4年前はシダの駆除で閉口した。
昨年は、菜っ葉のような草が繁忙した。
今年も菜っ葉のような草が出てきているが、どうも昨年のものと種類が違うようだ。
何が違うかというと、根っこまでむしれないのだ。
茎を持って引っこ抜こうとすると、ぷちんと切れてしまい根っこが残ってしまう。
根っこが残れば、またそこから新たな芽が出てくるから、根を取らないといけない。
ということで、鎌で根の周辺を斜めに切り起こして根こそぎ引き抜くようにしている。
一昨日は、とんでもない草を一本征伐した。地面から四方に葉っぱが広がっていて茎は見えなくて、とってみたら下の写真のように、とんでもない太さの根っこをもった草。太い根元は直径2〜3cmもあろうか。
鎌を斜めに入れたので、その部分で切れてしまっているが、もし丹念にほじくっていれば20〜30cmぐらいの深い根が出てくるかもしれない。
途中まで根が残ってしまったので来年も生えてくるかもしれない。
170501-1().jpg
茎だけで切れて、根が残るものは下の写真のように、たこ足のように同じような太さの根が四方八方に伸びている。確かオオバコのような根っこだ。オオバコも葉っぱだけ取れて根っこまで取れなかった記憶がある。
鎌で掘り起こして除草した。
170501-2().jpg
シダは数本生えていた。一度駆除したとはいえまだまだ油断はできない。
一方、昨年は全く実らなかったミカンの木。
春先には葉っぱの色も黄色っぽくなっていたが、よく見るとようやく新芽が出てきたようだ。
今年は実をつけてくれるかな?
170501-3().jpg
posted by Shop_87 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと