2017年07月02日

受け皿

東京都議選で、都民ファーストが圧勝し自民党の大敗が確実視されている。
都民ファーストがどんな政党なのか正直よくわからない。それ以前に代表の小池百合子もよくわからない。
いずれにせよ、安倍政権運営には少しは影響があるだろうが、国政ではまだまだアメリカ盲従の安部晋三政権が続くのだろう。
ただ、明らかになったことは政権交代可能な受け皿となる集団があれば、安部晋三政権というかそれを擁立した自民党はひとたまりもないと言うことだ。
自民党を支持すると答えても、ほとんどは他に支持する政党がないからという理由の消極的支持者が多い。
現実には、このまま国政選挙をやろうが安倍政権は議席数こそ少しは減らすかもしれないが、そのまま政権をになうだろう。
アメリカの描いたシナリオに従うだけで日本の伝統も習慣も固有種も破壊され、手下としての軍備増強を強いられる属国に甘んじ、政権維持のために落ち目の盟主アメリカに媚びる政権運営が顕著なのが安部晋三政権。
金儲けのための政治屋ではなく、独立・共生の理念を持った”政治家”集団は出てこないのか。
posted by Shop_87 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと