2017年05月05日

ミカンの蕾

連休で娘が孫も連れてきたので、あっち行ったりこっち行ったり。
生まれて8ヶ月ほど経つと這いずったりして周りにあるものに興味を示すようになる。
本箱から本を取り出して舐めたり、スリッパを舐めたり、そのたびに興味をそらしたり、違うものを与えたり。空箱がよいおもちゃになった。
初めてテーブルでつかまり立ちしたーっ!と大騒ぎになる。
そんな孫相手の連休も、混雑を避けて娘も早めに帰ったので、家も静かになった。
ふと、庭のミカンの木を見たら、いつの間にか葉っぱの間から白いミカンのつぼみがたくさんついているのに気づいた。
170505-1().jpg
つぼみのつき具合から、今年はミカンの豊作になりそうだ。
花が開花したら、おいしいミカンを期待して間引きしなくては。
posted by Shop_87 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179656604
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック