2010年06月16日

9288

9288。この数字はロシア・ウラジオストク駅のホームにあるモニュメントに示されているモスクワまでの距離。そうシベリア鉄道の長さである。はじめてロシアを訪問したのは2007年5月。その時はシベリア鉄道に乗るために来たのではなかったが、元を遡ればやはりシベリア鉄道に行きつく。詳しいいきさつはさておき、いつかはシベリア鉄道に乗ってモスクワまで、いやそこからもっと足を延ばしてパリまで鉄道で行ってみたいというあこがれが胸のどこかにある。しかし、そのあこがれも2週間ぐらいの休みを取らないといけないからまだ実現していない。さて、最初は改札口からのぞこうと駅に入って行ったのだが、何のことはない日本のシステムと全く違っていて改札口は無く、ホームには待合室からも、道路からも自由に出入りすることができる。牽引機はついていなかったが、ホームにはなんとロシア号が入線しているではないか!russia-1.jpg
シベリア鉄道の起点に立ってロシア号が目の前で見られただけでもあこがれは蕾に成長した気分になった。ただ、隣国ロシアはまだ個人旅行をするには様々な不自由が付きまとう。早くパスポートだけで自由に行ける国になってほしいと切に願っている。
posted by Shop_87 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(1) | ひとりごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38952456

この記事へのトラックバック

『いつかモイカ河の橋の上で』 中野吉宏 著 (第三書館)
Excerpt:  副題は「会社を休んで59日間 地球一周」とある。  大学を出てフリーターをしながらお金を貯め小さな会社をつくった30代後半の男。一生懸命働くものの不景気も手伝い気持ちは空回り。ちょっとした出来事が..
Weblog: エルミタージュ図書館
Tracked: 2010-06-18 02:02