2011年03月23日

D51重装備を組む-70

テンダーモータと本体のジョイントは切りかけを上下方向に合わせて、横からドライバーの先で持ち上げて引っかけました。早速通電して試運転です。うまく走りましたが、テンダーモータなのでモータのトルクがかかり、テンダーが傾きます。バック運転では当然逆に傾きます。
6-70-1().jpg
テンダーのボルスターの枕バリの接地面積が狭いためにそうなるのだと思います。この傾きを防止するには何かで支えないとだめです。
うまい具合に枕バリから止めネジが顔を出しています。
6-70-2().jpg
この止めネジに、エアーブロアーのノズルをはめ込むことにしました。ノズルを枕バリとテンダー底の高さに合わせて切り出し、穴をΦ1.4ドリルで広げました。飛び出しているネジにはめ込むにはちょっとゆるめですが、逆さにしても落ちません。また、枕バリとテンダー底の間でサンドイッチになるので抜け落ちることはないと思います。この対策をして動かしてみました。
6-70-3().jpg
テンダーの傾きは取れましたが、トルクのために本体とテンダーで左右のずれが出ます。少しスロー運転がきかなくなるようですがテンダーが傾くより良いかなと考えています。これで、バラして良い天気を待って塗装の用意をすることにします。
posted by Shop_87 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型工作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43968207
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック