2017年03月21日

古いズームレンズ

この前の連休に農作業があるので実家に帰る途中、春の霞か黄砂のようにかすんだ天気だったが、鉄道写真を撮った。
余談だが、このとき加賀市で鶯の発鳴きを聞いた。
結構上手に鳴いていたので、新人鶯ではなさそうだった。
翌日のラジオでも、この日の金沢での鶯の発鳴きを伝えていた。
さて、今回の撮影では、もう20年ほど前のフィルムカメラ時代の昔に買った100−300mmのズームレンズが使えるかどうか試してみた。
口径が55mmと小さいので、F値は4.5−5.6と暗い。
比較的安価なものだったが、どんな風に写るか、興味津々だった。
僕は物持ちが良いのでデジタルカメラにしてからもそのまま保管してあったもので、デジタルカメラにしてから始めて使ってみた。
カメラのAF追尾機能を使ってみたところ、下の写真のように手持ち撮影でも結構いける!ではないかわーい(嬉しい顔)
多少露出オーバー気味で荒を捜せばきりがないだろうが、僕の記録写真としては十分だ。
新しいデジタル用の望遠ズームを買う必要もなさそうだ。
170321-1().jpg

170321-2().jpg

170321-3().jpg

170321-4().jpg

170321-5().jpg
posted by Shop_87 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真

2017年03月17日

キヤ143−8

松任駅付近を車で通りかかったら、キヤ143形が停車していたので、車を止めてカメラに収めた。
機番は143−8。
敦賀ー松任間での運転確認のようだ。
所属は、後藤総合運転所との情報もあるが、所属表記は「29−3 新潟トランシス」の下地のままで確認できなかった。
170317-1().jpg

170317-2().jpg
posted by Shop_87 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真

2017年03月07日

加悦SL広場ー続き

「加悦SL広場」に来た目的は、キハ10の実物をみる為だが、せっかく来たのだからざっと見て回ることにした。
加悦鉄道の切符を模した400円の入場券を窓口で改札してもらい、構内に入る。
その前に、改札の右には、実物レールの切断サンプルが多数展示されている。
改札を通ると、ホームになっていて両脇にタンク機関車と2軸客車が停車している。
左側の2号機関車は、国の重要文化財でベンガラ色で修繕の最中。
構内は意外とレールが引き回されている。
詳しい展示車輌は、加悦SL広場の公式ホームページに載っているので、そちらを参照ください。

http://www.kyt-net.jp/kayaslhiroba/

右奥のほうには、国鉄型のテンダー機関車が2両並んでいる。写真では真ん中奥にC58380とC57189だ。
近寄ってみるとかなり傷みが来ている。
170306-1().jpg

左奥のターンテーブルの向こうには、気動車や客車などが展示されている。
170306-2().jpg

キハ10は入ってすぐ左手に展示されているが、雨ざらしで傷みも結構進んでる。
目当ては、床下のパイピングだ。
170306-3().jpg

右の一番奥に置いてあるC57は、未だ未塗装のままの”作りかけ”サンゴのC57の参考にでもと、詳細写真を撮った。しかし、地上からのみの写真なのでどの程度役に立つか疑問も残るが、、。
170306-4().jpg

国や与謝野町の文化財に指定されている車輌は修繕が行なわれていて保存状態も良いが、そのほかの車輌、特に国鉄型はこのままでは、塗装もままならず錆びだらけになってしまいそうだ。
posted by Shop_87 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真

2017年03月04日

加悦SL広場

兵庫にいる姉の家の法要があるので車で出向き、途中かねてから訪問してみたいと考えていた「加悦SL広場」に寄った。
途中、宮津にいる大学時代の飲み友達の家の前の国道178線を通過するので、通過御免の連絡をした。
寄ると酒宴になる危険性?があり、翌日に差し障りがあるといけないので、敢えて通過の無礼で済まそうとしたが、結局1時間ほどお邪魔した。
何回か行ったことがあるが、今回は本当に久しぶりで、隣に新しい家が出来たりしていてちょっと戸惑った。
それはともかく、その家から1時間弱で目的地に到着。
道の駅「シルクのまち かや」の向かいにあった。
早速、駐車場から今回の主な目的の「キハ10」が見えた。
170304-1().jpg

写真が整理できていないので、駐車場からのものだけ少し。
南海電鉄のモハ1201形の前には、かつてない今年の大雪の除雪の跡形が残っていた。
170304-2().jpg

駐車場の入口(出口)には、まるで借景のごとくの嬉しくなる列車?が。
170304-3().jpg
posted by Shop_87 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真

2017年03月02日

EF510

先日、加賀市で用事があり、実家に帰るときに久しぶりに鉄道写真を撮りに行った。
天気があまり良くないので、200mmの望遠はやめて16−55mmのズームで手持ちで撮った。
通るのは、681系、683系やら521系の電車ばかり。
何故か電車はスマートすぎて面白くない。
やはり、機関車が良い。
客車の寝台特急も消えて久しい。貨物列車を待つしかない。
EF510−3の牽く貨物列車が来た。
近くまで引き寄せて撮ると、望遠とは違う迫力が出る。
雨も強くなって、寒くなってきたので早々に引き上げた。
170302-1().jpg
posted by Shop_87 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真

2017年01月02日

穏やかな正月

北陸地方はここのところ霙も雪も降らず穏やかな正月が続いている。
今日も朝陽が差し込んで、まるで太平洋側のような天気だ。
しかし、異常に温かい気温と空に浮かぶうろこ雲から天気は崩れることが予想できる。
天気予報を見ると、たしかに午後から崩れている。
日本海側の鉛色の空になるのだろう。でもこの鉛色の空から降る雪がなければ、日本の資源といえるおいしい水の供給がない。
さてさて、昨日はお屠蘇ざましにウォーキングもかねて北陸線の列車写真を撮りに行った。
白山をバックにと考えたが、残念ながら白山は雲の中。
ならば、時々雲間から漏れる日差しがまだらのような光線の風景の中を走る列車でも撮れないかと考えたが、そう簡単には問屋が卸さない。
列車が来る時と雲間からの光線が良いタイミングを待ったが、残念ながらそんなふうに思うようにいかない。
気温は例年より高いといえど、冬の風の中では手が冷たくなる。
正月はEF510やEF81の牽く貨物列車も来そうにないから切り上げた。
結局、681系か683系かの特急列車を載せます。

10M しらさぎ10号名古屋行き。
170101-1().jpg

4026M サンダーバード26号大阪行き。170101-2().jpg
posted by Shop_87 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真

2016年03月20日

北陸鉄道鶴来駅

今日は、「終着駅サミットin鶴来」に参加した。
その前に、北陸鉄道鶴来駅でのイベントを見学。
西金沢駅から石川線に乗車して来るのが鉄道ファンであるが、時間的な余裕がなかったので自家用車で乗りつけた。
白山市鶴来支所の駐車場に車を止めて鶴来駅に。
駅前から西金沢方面に200メートルほど行くと、北陸鉄道株式会社の鉄道部の工場がある。
工場への踏切を渡ると、前後にスノウプロウをつけたED201形電気機関車がヘッドライトを点灯して止まっていた。
係員から踏み切りから出ないように注意されて、写真を撮った。こんな間近で見るのは初めてだ。
展示というので、もっといろんな角度から撮影できるかと思ったが、直ぐ横が石川線の本線が走っているから無理な話だった。
しかし、幸いにして思ったほど人がいない。
160320-1().jpg

見ている途中で、手を引かれた「のるぞう」ゆるキャラが工場内から出てきた。
どうも、目が見えないようで、二人の係員に手を引かれて歩いて行った。
160320-2().jpg

構内では、こどもの電車運転体験が実施されていた。駅構内を200mほど往復。
左側の車両が「恋のしらやまさん」のヘッドマークをつけた対象車両の7100系。
160320-3().jpg

駅に戻ると、ホームには野町行きの7000系と7200系が入線していた。
160320-4().jpg

駅名の上に北陸鉄道の社標が入ったレトロな鶴来駅を後に、歩いて会場に行った。
社標が入った駅舎は珍しいとのこと。
160320-5().jpg
posted by Shop_87 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真

2015年03月21日

「はくたか」乗車

予期せぬ用事が出来て、急遽横浜に行かなければならなくなった。
自分の都合ならば東海新幹線、北陸新幹線、飛行機の選択肢以外の方法も考えるのだが、そんな時間的余裕がないので、結果的には先週開業したばかりの北陸新幹線で東京から横浜に行くことにした。
昨日、自由席のある金沢発9:21発「はくたか558号」に乗った。
金沢駅ホームでの写真。乗客が乗ってしまえば、ホームには人影がほとんど無い。
自由席でも両窓側席が埋まる程度で、十分に空席があった。
150321-1().jpg

今日3月21日は、東京から帰った。
10:52発の「はくたか559号」は既に多くの人が列を作っていてかなりの混みようだったので、次の11:44発の「はくたか561号」に乗ることにした。
11:30上り「はくたか556号」が到着。折り返し金沢行きとなる。
150321-2().jpg

12:35高崎にて、上り先頭車723形の側面からの全体が撮れた。
真横から見ると、先頭部分側面には窓が無いので目くら列車のように見えてしまう。
150321-3().jpg

走行中は、区間によっては変な短期振動が気になることも。路盤の問題なのか、たまたま何かコンプレッサーのような回転装置でも回っているのか?それが無ければ結構静かだ。
途中の駅にも対向ホームにはカメラを手にした人たちが出ていた。
14:42金沢到着。「はくたか」だと3時間弱。
金沢の対岸ホームには多くの見学入場者が待ち構えていた。
150321-4().jpg
posted by Shop_87 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真

2015年03月16日

写真-トワイライトエクスプレス

先月末あたりから撮り続けたトワイライトエクスプレスの機関車ばかりが目立つ写真。
家の近くの北陸線の直線区間から撮り始め、あっち行ったりこっち行ったりの初公開の12枚です。
150316-1().jpg

150316-2().jpg

150316-3().jpg

150316-4().jpg

150316-5().jpg

150316-6().jpg

150316-7().jpg

150316-8().jpg

150316-9().jpg

150316-10().jpg

150316-11().jpg

150316-12().jpg
おしまい。
posted by Shop_87 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真

2015年03月13日

最後の列車番号8002

今日は朝から雨が降ったりみぞれが降ったりで天気が良くない。
ときどき、ザーッと強く降る。
濡れるのも覚悟で最後のトワイライトを撮りに出かけた。
運行情報では、遅れはない。
レンズはもう20年近く前、大阪出張のときに買った中古の70−200F2.8。
最近のカメラのAF性能には付いていけない代物。
カメラの追尾機能で撮ると、大きくピントがずれることもあるので、マニュアルフォーカスで撮るしかない年代ものだ。
雨が時折降ってくるが、出来れば雪がふればいいのに、と思いつつ通過時刻のころには天気が良くなってきて光も強くなってきた。
特急しらさぎ10号が通過してから、約3分後、来た来た。
150313-1().jpg

影から機関車正面が光の前に出た、
150313-2().jpg

ちょうど良いアングルか。
150313-3().jpg

ヘッドマークがちょうど真ん中に。
150313-4().jpg

EF81 113牽引、列車番号8002「トワイライトエキスプレス」は大阪に向かって通過して行った。
150313-5().jpg
posted by Shop_87 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道写真

2014年11月09日

ちょっと確認

昨日の写真撮影の件で、今日の朝、トワイライトエクスプレスと白山車両基地のW7系を並べてとるということに全く気付かなかったことが気になって再び現場へ。
今日は残念ながらトワイライトエクスプレスの通過はない。
昨日と同じように白山車両基地にW7系が停車している。
141109-1().jpg

ちょうど下り普通列車が通過して行った。
このように在来線の列車は後ろにいるW7系を完全に隠してしまうので、W7系の先頭車両(W723形)が写るようにするのが良いのだろう。
改めて、今度は下りトワイライトをこの場所で撮ってみることにする。背景にW7が必ず止まっているかどうかは分からないが。
141109-2().jpg

昨日の背景に写した、西に延びる途切れた高架の遠景。
141109-3().jpg
posted by Shop_87 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真

2014年11月08日

狙うものは

来年春のダイヤ改正で姿を消すことになる、日本海縦断寝台特急トワイライトエクスプレス。
そろそろ写真に収めておこうと思い近くの北陸線に出かけた。
この列車は、というか北陸線を走る(走った)寝台列車は朝方や午前中に金沢に着くのが多いので。朝は逆光になる。
一方、西から来る下り寝台は夜や真夜中に通過していく。写真を撮ることができるトワイライトエクスプレスは15時37分に金沢に到着するから、これも西に傾きかけた夕日に逆光になる。
ということで、この近辺はトワイライトエクスプレスは上りも下りも逆光。
今日は雲がかかっていて、それほど日差しは強くないので、あまり露出に神経質になることも無い。
定刻どおり通過。
車体の反射はPLフィルターを使えば取れるんかね?
列車後方の背景は、白山車両基地で途切れている西に延伸計画の北陸新幹線の高架。
車両の老朽化のために廃止になるとのことだが、新幹線開業とともに去り行くのはそれだけの理由ではないだろう。
141108-1().jpg

今年10月4日に金沢駅で停車中のトワイライトエクスプレスのEF81 43号機。
ホームには海外からの観光客が大阪方面に列車を待つが、鉄道マニアではないようで、後ろにいる機関車には全く気が付いていない。いや、関心が無いようだ。タブレット端末に集中。
今年は金沢でよく海外旅行客を見かける。多い。
141004().jpg

ところで、今日写真を撮ろうと1時間ほど前から自転車で出かけた。場所に着いてしばらくするとなんだかんだと車が来る。さてはトワイライト狙いか、早く来て良かったと思ったが、僕のいる方には誰も来ない。
彼らのお目当ては、下の写真。
北陸新幹線の車両。W7系でした。
141108-2().jpg
posted by Shop_87 at 22:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 鉄道写真

2014年02月25日

キヤ143

松任の本局に行く途中の踏み切りで、警報機待ち。上りトワイライトエクスプレスが通過。
踏み切りを渡るときに、松任駅方面から見慣れない強いライトが見えた。
新幹線高架を挟んだ道路を走っていると、オレンジ色の真新しい車体が、高架橋脚の間から見えた。どうも先日新聞に発表されていた、JR西日本の新型除雪車に違いない。
車を止めて写真を撮ろうとしたが、橋脚が邪魔してうまくない。写真に納まらないかと次の踏切まで行ってみた。しかし、踏切から100メートルぐらいのところで停止している。線路脇には工場があるからそばまで行けない。
そのうち金沢総合車両所松任本所に移動するに違いないから、踏み切りの脇に車を止めてそのまま来るのを待っていた。15分ぐらい待っていたら移動方向を示す矢印が光らないまま警報機が鳴り出した。
来た来た。
140224-1().jpg

通過した後、松任駅構内で再び停車。
車を走らせ駅の駐車場に車を止めて、ホームに急いだ。すでにカメラを持った一人の若い人が。僕は偶然だったが、情報通の人は良く調べているんだなぁと感心する。
ホームから写真を撮った。えらい車体が長い。形式を確認したらキヤ143と書いてある。後で調べると全長26.9mもある。
”ヤ”なのでDD53のように機関車の風格は備えていない。両端に除雪装置をつけているから長方形の味気ない車体で、台車間も広く間延びした感じで格好はあまりよくないなぁ。
140224-2().jpg

5分ぐらいしたら、工場のほうに移動して行った。
140224-3().jpg
posted by Shop_87 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真

2013年12月31日

2013年松任駅の車両

2013年に松任駅で見かけた車両です。金沢総合車両所で点検整備、入換の車両が中心です。

保線工事用車両
131231-1().jpg

DE10 1035 総合車両所入換
131231-2().jpg

保線工事用車両
131231-3().jpg

413系
131231-4().jpg

DE10 1598
131231-5().jpg

681系 はくたか運行用
131231-6().jpg

DE10 1116
131231-7().jpg

DE10 1035
131231-8().jpg

キハ40 2092
131231-9().jpg

413系
131231-10().jpg

683系 サンダーバード運行用
131231-11().jpg

DE10 1035
131231-12().jpg

455系
131231-13().jpg

キハ120 329
131231-14().jpg

683系 しらさぎ運行用
131231-15().jpg

でした。
posted by Shop_87 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真

2013年04月07日

三岐鉄道三岐線

以前から行ってみたいと思っていたところが、三岐鉄道の貨物鉄道博物館。毎月1回の開館日ということや地域的に石川県から行きにくいこともあってなかなか行く機会がなかった。貨物でちょっと調べたいことがあったので4月7日の開館日に行くことにした。ところがどっこい低気圧の接近で天気予報は全国的に大荒れの予想。しかし、様子を見ているとなんとなくいけそうな気がして、思い立ったら吉日、4月6日の夕方5時ごろに車で家を出て国道8号線を南下、途中365に入り、道の駅「伊吹の里」で寝袋車中泊。4月7日の7時過ぎに出発、8時過ぎには三岐鉄道丹生川駅前到着。幸いにも風もなく雨も降っていなかったので藤原岳も見える。開館は10時ということなので、駅前に静態保存されている貨車を見ていた。
踏切の警報機が鳴る音がしたので辺りを見回すと、貨物鉄道博物館越しに鉄橋を渡る富田方面行きのセメント列車がやってくるではないか。早速カメラを構えて一枚。気がつくと西藤原行きの石灰列車と駅で行き違い。残念だったが2列車同時には撮れない。

130407-1().jpg

そうこうしているうちに冨田行きの電車が到着。意外とよく列車が来る。
130407-2().jpg

9時ごろには博物館の建物のシャッターが開いているので、中に入った。ボランティアで修復作業をする方たちがそれぞれの持ち場で作業をしている。11時にまたセメント列車が来ると聞いたので、先の鉄橋辺りでカメラを構えることにした。しかし、そのときになって風が強くなってきて雨も降ってきた。傘を片手にアングルを決めていると、ラッピング電車がやってきた。風で傘を飛ばされ、危うく撮れた一枚。
130407-3().jpg

11時17分丹生川駅発の冨田行きのセメント列車通過まで車の中で風雨をしのいだが、3分前ぐらいから幸い雨が小降りになった。多少ぬれるのは覚悟で傘はささずになんとかうまく撮れた。
130407-4().jpg

11時27分にも西藤原行きの石灰列車が来るというので別のところで撮った。着いたなり目前に現れたので、カメラセットも確認せずちょっとピンボケ。
130407-5().jpg

ボランティアで支えられている貨物鉄道博物館には都会の鉄道博物館にはない気取らない良さがある。数は多くはないが陳列がなんといっても機関車と貨車というところが良い。募金をしたら硬券の来館証明証をもらいました。きっとまた来ることがあると思った。
130407-6().jpg

posted by Shop_87 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真

2013年01月01日

松任駅車輌2012

2012年に松任駅で見かけた車輌です。金沢総合車両所(松任工場)があるので引込み線や待避線で見かけた車両です。毎日松任駅に出かけたわけではありませんが、JRを利用したり近くの踏切を通ったときに見かけて駅まで写真を撮りに行った車両です。通過車両は割愛です。

6月14日。敦賀EF81 106号機。
120614EF81106().jpg
6月29日 高岡キハ40 2078
120629キハ402078().jpg
7月12日 7624 正式形式分かりません。
1207127624().jpg
7月23日 敦賀 EF81 108(3月11日上り寝台特急「日本海」牽引機です。屋根上塗装が確認できました。)
120723EF81108().jpg
8月21日 高岡 キハ47 138
120821キハ47138().jpg
10月21日 宮原 DD51 1192号機
121021DD511192().jpg
11月8日 高岡 キハ40 2092
121108キハ402092().jpg
11月28日 4622 正式形式分かりません。
1211284622().jpg
12月18日 高岡 キハ47 66(ラッピング塗装「あみたん娘」)
121218キハ4766().jpg
posted by Shop_87 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真

2012年10月24日

松任駅でDD51

10月21日「県民フェスタ」を終えて、金沢からの帰りでの松任駅。待機線に止まっている列車に全く気付かずそのまま下車。地下道工事はどうなったかなと、改札を出て桟橋をわたると、待機線にレールを運搬している”チキ”の専用列車が止まっている。その先を追うと、機関車はどう見てもDD51だ。
北陸線ではそう見かける機会もないからそのまま帰る手はない。もう一度改札を入って、待機ホームの反対側のホームへ駆け足。動かないでくれよと願いながら、小脇のカバンからデジカメを引っ張り出す。ホームの端まで行って10数枚シャッターを切った。宮原の1192号機だった。
121024-1().jpg
通過列車はまだ来ていないので、再び駆け足で停車ホームに向かった。一番前まで行っても距離が近すぎてボンネットの拡大写真のようなものしか取れないから、結局は牽引側から。
121024-2().jpg
下り特急列車が通過してから数分後。ゆっくりと動き出した。いつもこまめにダイヤ情報などは検索していないので、こういった場面に出くわすとラッキーだ。12両の”チキ”が通り過ぎるまで最後まで見送った。
121024-3().jpg
北陸にいるものにとってはほとんど見かけることもないのだが、DD51は好きな機関車の一つだ。
posted by Shop_87 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真

2012年07月23日

EF81の屋根上塗装

以前からEF81電気機関車の屋根上の塗装塗り分けがどうなっているのか分からないままだった。中断したままになっているメディアリンクスの1/87・12mmの模型を作っていてもそのことが気になって気になって仕方がなかった。
市販品の模型を調べると、雨樋の内側が全て黒のものとパンタグラフ下の点検蓋までが黒のものの2通りがある。またランボードも車体色になっているが、ほんまかいな?どうも怪しいなあと、この点も気になっていた。
近くの北陸線に行けば走行写真はどれだけでも撮ることができる。しかし屋根上はどうしてもうまく撮れる場所がなかった。
そんな折、確認できるチャンスが訪れた。松任駅近くの踏切を横断すると単機で停車しているEF81が見えた。急いで駅に向かい、跨線橋の窓から覗くとうまい具合に屋根上が見える。窓の外にある清掃用(?)の通路の手摺が邪魔になったがとにかく1枚撮る事ができた。
120723-1().jpg
いつ発車するか分からないので、急げ急げという感じで今度はズームをきかせて塗り分け部分をバッチリ撮ることができた。これを見るとランボードは車体色ではなくて黒、そして雨樋の内側は全て黒でパンタグラフの下で塗り分けられてはいなかった。
120723-2().jpg
念のため機番を確認しにホームへ走る。敦賀機関区の日立製108号機だった。幸い運転室には誰もいなかったから、ゆっくりといろいろ写真に収めることができた。ラッキー!!
120723-3().jpg
他の機番ではどうなのか分からないが、少なくとも1両でも実機での塗り分けが確認できただけでとてもうれしく幸せな日でした。
posted by Shop_87 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真

2012年03月16日

急行「きたぐに」

急行「きたぐに」は上下とも北陸地方を深夜に通過していく。だから一度も写真は撮ったことがない。ただ、この列車は以前のブログでも書いたが、若かりし頃の思い出深い列車だ。
十代の頃は「きたぐに」は青森行きで、小松駅から夏山合宿や冬のスキー合宿のときに大きな荷物を持って(担いで)必ず乗った。その頃は確か下りは小松2時40分頃に到着していたと思う。EF70に牽かれた客車オハ47やナハネの編成で、関西方面から乗った同じ目的の乗客で混雑していて、座席に座れることはまず無かった。もちろん僕たちは寝台ではない。2等車のデッキや通路でうたた寝していた。
5時30分頃夜明けの糸魚川駅で大糸線に乗り換えた。大勢の人が乗り換えるので場所取りのために大きな重い荷物を背負って階段を走った。デッキや通路で寝ていたのでこのときはいち早くホームに飛び出すことができた。
そんな思い出しか残っていないので、写真など撮る考えもなかった。そのうち気が付いたら電車寝台(583系)になっていたし、月光色のツートーンカラーからなんとなく深夜急行をイメージしてか薄暗い塗装になった。
以前、山口県へ出張があったとき大阪行きに乗った記憶がある。急だったので自由席で金沢から乗った。その時はかなり空いていたのだが、悪いことにほぼ各座席ボックスを一人が占めていてぐっすり眠っている人が多い。そこに割り込んで?座席を確保するのはとても気まずい。しかし、かってのように大阪までデッキや通路で過ごすことも絶対に嫌だ。結局目を覚ましている人の座席の前に「すみません」と座るしかない。
こんな急行「きたぐに」も明日のダイヤ改正で廃止される。一枚撮っておこうかと思い立ち2時頃に小松駅に向かった。下りは小松2時50分着。上りは3時30分着。上下を撮ることができる。ところが駅に着いたら下りは10〜20分の遅れ、上りは富山で線路故障があって2時間以上遅れるとの告知。運が悪い。
下りだけを撮ることにした。深夜なのでホームにいると冷え込んでいて寒い。手がかじかむ。3時7分、17分遅れで到着。下調べはしてこなかったので10両編成かと思っていたが、12両編成。レンズはフィルム時代の85mmだから停車位置では、ホームの端に立っても編成が入りきらない!入線中を撮るしかない。待ち切れずに早くシャッターを切ってしまった。ヘッドライトばかりが目立つ失敗写真。
120316-1().jpg
しかし、EF70の時代にはなかったヘッドマークは前を通過した時に「きたぐに」と”だけ”はっきり撮れました。
PICT0006.JPG
posted by Shop_87 at 12:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道写真

2012年03月12日

早朝の列車撮影

実家に行ったので、今日の早朝に久々に鉄道写真を撮りに出かけた。上り「日本海」を撮る目的だったが6時過ぎから貨物列車も撮れる。
一時期に比べたら随分明るくなったものの、日の出は未だだから撮影には結構暗い。気温は低く手がかじかむ。しかし既に近くの畑の上空には雲雀のさえずりが聞こえる。また、少し離れた森の中からキジの鳴く声も時々聞こえる。
521系の320M上り普通電車が通り過ぎてからEF510の牽く貨物列車が来た。この時間帯は大阪や名古屋方面に向かう特急列車も通過する。遠くから見ると三つ目ライトに見えて紛らわしいが、近づくスピードで特急かどうか判断がつく。
ここは直線区間なのでどの列車も最高速度で通り過ぎる。シャッター速度が気になって明るめに露出を合わせたが、夜明け前とはいえちょっと露出が暗過ぎた。
120311-1().jpg
大瓢箪山と笈ヶ岳の間からもうしばらくすると日の出だ。
120311-2().jpg
少し暗いところに露出を合わせて、下り貨物列車を撮る。ちょっと明るすぎたかな。
120311-3().jpg
6時25分ごろ日の出。線路脇の枯れたススキ?に陽が当たってきた。今度は、EF81の牽く上り貨物。
120311-4().jpg
6時45分日本海が定刻どおりやってきました。
120311-5().jpg
振り向きざまに1カット。ディーゼル発電機の音があっという間に通り過ぎて行きました。
120311-6().jpg

posted by Shop_87 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真